新聞日記

新聞から世界を考えてみる

情報

ここに投稿することはなかったけれど、あいかわらず新聞は読んでいる。 新聞で報じられる事。世界で起こっているさまざまな事象から、記者が取り挙げ、そして短い文章(紙面)でまとめていく。読者に伝わるように、写真や絵やグラフなども駆使して。レイアウ…

成人年齢引き下げ

今の国会で、成立する見通しの公職選挙法改正案。これによって選挙権は18歳以上になる。しかし、成人年齢はこれまで通りの20歳から。民法規定や少年法、飲酒や喫煙などは、また別の話。つまり「成人」として認めていないにも関わらず、選挙権を与えるという…

格差

小さい記事であったが、内閣府が発表した結果が報じられていた。2012年度の県民経済計算によるもので、各都道府県の1人あたりの県民所得は、前年(2011年)度比で0.6%増え、そして地域間格差を示す変動係数なるものは、0.4ポイント低下したという。 この変…

海難事故

中国・長江で「三峡巡り」をしていたクルーズ船が沈没した。昨年は韓国でセウォル号が沈没した。 ちいさな船旅をしたことがあるが、船での観光は、非常にのんびりした旅になる。時間が気にならない。いや、気になったらイライラするだけ。携帯電話とかPCとか…

安易な便利さ

これからマイナンバー制度が始まると言うのに、年金情報の流出事件が起きた。 さてさて……。個人情報が漏れている訳だけれども、これを使って「なりすまし」事件に発展しないように心がけてほしい。再発防止などと政府は言っているが、こんなのは信用できるわ…

ツバメの巣

全国のツバメの巣を調べてみたら、放射性セシウムが検出された。それも事故のあった福島だけではなく、宮城・山形・茨城の周辺県にとどまらず、新潟・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川。そして山梨や静岡、石川県まで……。 調べたのは山階鳥類研究所。 公益財…

FIFA

国際サッカー連盟の会長選が行われた。結果はブラッター氏の続投。 そもそも今回の会長選は、FIFAに関する汚職事件が発端。その責任を問う会長選であった。記事でも出ていたが、なんかオカシイ感じもする。汚職事件の責任を問うのであれば、会長選ではなく、…

人身売買

ロヒンギャ族が人身売買の対象とされ、海上漂流している。この人々を、どのように救済するかを話し合う国際会議がタイで開かれる。 すでに21世紀。いや、いまだに21世紀なのか。 欲望のために人が動く。そのエネルギーは、凄まじい。このエネルギーが、今日…

筒井康隆「旅のラゴス」

日々、おなじようなサイクルで生活している。 別にそれが悪いと言う訳ではない。 しかし日々のなかで、新しい発見や経験を意識できているだろうか。 そんな気持ちになった一冊。 旅のラゴス (新潮文庫) 作者: 筒井康隆 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1994…

閣僚

中央省庁を再編して、最大で17名となっていた内閣の閣僚数。それが復興庁の創設にともなって、1増設された。未曾有ともいえる災害を前にした「臨時的」な対応でもある。それが東京五輪にむけて、もう1人追加される。 必要か? 正直、そのように考える。 こ…

政治家発言のコントロール

2020年に開催予定のオリンピック・パラリンピックにむけて整備される新国立競技場。サイズも小さくなり、そのうえ可動式屋根は開催後に設置するという構想で、コンパクトな計画になったにも関わらず、整備費用は膨らんでいるらしい。 そしてその費用を東京都…

衆議院議員資産公開

興味本位なのか、それとも不正蓄財防止のためか。おそらくどちらも必要な事なのかしれない。誰が一番お金持ち? 議員本人の資産であるから、家族・親族保有の資産など、オモテに出てこない資産もある。何の意味があるのかと思ってしまうのであるが、やはり公…

民主主義

統治ということを考える機会が多い。 多くの人々が暮らすことは、多くの恩恵がある。その恩恵とは、つまり集うことで発生するパワーのことだ。このパワーは、基本的にはプラスの方向に働くのであるが、時として、常にと言うべきか、コントロールする必要があ…

簡易宿泊所

川崎市にある簡易宿泊所で火災がおこった。火元の「吉田屋」の捜査が終了したというひっそりとした記事。そして延焼した「よしの」。こちらも簡易宿泊所であるが、こちらは「把握できていない人がいた可能性」が指摘され、今日(5月24日)から捜査が始まると…

対立している隙

アメリカのニューヨークにある国際連合本部で、核拡散防止条約(NPT)の再検討会議が開かれている。その最終合意文書の策定にむけて紛糾中だ。 日本が提案した「世界の指導者に被爆地の訪問を促す」という提案が、一時は削除されたが、文面を変更することで…

技術流出

シャープの業績悪化によって、多くの社員が退職する。これは切ないけれど、現実でもある。 日本を代表するメーカーであるだけに、会社を去る技術系社員は多くのノウハウを持っている。そこに目を付けたのが、中国家電大手のハイアールと生活用品大手のアイリ…

核のゴミ

フィンランドで核廃棄物の処分場建設が始まる。処分予定量は9000トンで、100年後に満杯になる計算だそうだ。格納される核廃棄物が、生物にとって安全なレベルに下がるまで10万年のあいだ貯蔵する。 核の話が出ると、なんとも気が遠くなる話ばかりだ。それに…

抑止力

アメリカ・オバマ大統領が、警察が軍隊化する傾向に歯止めをかけようとしている記事が掲載されていた。 犯罪の凶悪化を背景として、警察の武装が軍隊化していることが問題になっている。治安現場としては、犯罪者が強力な武器を持っているのだから、こちらも…

一隅を照らす

北区にあるJR東北本線の駅「尾久駅」が紹介されていた。23区内にあるひっそりとした駅。紙面からは、なんだか懐かしいような、そんな空気を感じる。 東京都心の職場と、そして家族の住むベッドタウン。その中間に位置するような駅。人が住んでいないわけでは…

住民投票

「大阪都構想」への住民投票が行われ、即日で結果が出た。 反対が70万5585票、賛成が69万4844票。投票率は66.83%となった。住民である大阪の人たちが下した民意であるから、僅差であろうとも結果がでた。 橋下市長は都構想に関する説明不足があったとしてい…

極端な構図

ライブ会場が足りない・・・なんて考えたことがなかった。 首都圏でライブ会場として利用されてきたホールが、閉館や改修工事のために閉鎖されるためである。「青山劇場」と「ゆうぽうとホール」が閉館。日本青年館が移転のために閉館、「渋谷公会堂」は約3…

ドローン規制

結局、規制へ動き出している。 以前、「イタヅラ」になるのか「テロ」になるかは「さじ加減」と、このブログで書いた。それから、ドローンを操縦していた男性が、警察に出頭。「デモ以上テロ未満の方法」として、ドローンを選択したことが報じられていた。さ…

物価指数

経済政策を策定するうえで重要なのは、データになる。国内総生産、貿易収支と含む国際収支、そして失業率など…。挙げたらキリがないのではないかと思うぐらいの膨大なデータを基にしている。 このデータのなかに物価変動がある。現在は、総務省が「消費者物…

製油所

日本のエネルギー、とくに石油系は輸入に頼っている。これはなんとなく知っている。中東や東南アジア各国が主な輸入相手国である。 しかし輸入されるのは、基本的に原油の状態。これがそのままガソリンスタンドに行くわけではない。原油から、重油・ガソリン…

創りだされる緊張

南シナ海の領有権問題が、いよいよ表面化してきた。 中国が実効支配していた島で、建物や港湾、埋め立てなどが一斉に始まったことが、引き金を引いた。関係当事国であるフィリピンやベトナムなどが非難したが、中国はお構いなし。そしてASEAN、アメリカや日…

魚の話

イワシの卸値が下落している。1キロあたり2~300円程度で、昨年の同じ時期に比べて1割ほど安い水準だと言う。どうやサイズが小さいことが影響しているようで、200グラム以上の大きなイワシには、高値がついている。 一方でサンマの漁獲枠を減らそうとす…

議会予算局

国の予算案を作成するのは内閣で、その中核を担っているのが財務省になる。国会は、内閣から提出された予算案をもとにして、衆参両院の予算委員会で集中審議したのちに、各院の本会議で可決・承認する。 こんな流れが変わるかもしれない。予算案を議会が作成…

動物園水族館ビジネス

先日のGW、甥や姪たちと動物園に行った。本当は、隣接した公園に行ったのだけれど、たまたまその日は入場無料ということで、折角だからと入場した次第。多くの動物もいたけれど、人も多かった。無料のパワーは凄まじい。 話は一転して水族館。水族館にも、動…

戦後という節目

「戦後」といえば、日本では第二次世界大戦後を意味する。今後、日本が再び大きな戦争に参戦することさえなければ、これはずっと続いていく。今年は、戦後70年。10年毎、あるいは5年毎に、節目がやってくる。その先にあるのは100年という節目だ。 節目を大切…

箱根山風評被害

箱根山の火山活動が活発になっていて、噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げた。これによって大涌谷周辺の半径300メートルに避難指示、そして大涌谷を通過する箱根ロープウェイは運休となった。それだけではない。火山性地震も発生し…