新聞日記

新聞から世界を考えてみる

考え事

寺社への油被害

そもそも「油のような液体」って、なんなのか。 寺社にかぎらず、これが一般の家であろうとも、あるいは公共施設であろうとも迷惑な話であることには違いない。そもそも人間の仕業であるのか、そこになにか意図はあるのか。同一人物?それともなにかの団体的…

預金融資差額

2015年3月の貸出・預金動向を日銀が発表した。預金は622兆円。これは前年同月比で3.9%増だと言う。一方で融資は2.7%増の424兆円。どちらも伸びてはいるけれど、預金に比べると、融資額は少ない。その差額、預かった資金を融資にまわさなかった資金はどこに…

慰霊

天皇陛下がパラオのペリリュウ島を慰霊訪問された。 日本は何を間違えてしまったのだろうか。これだけの犠牲者を出してしまった戦争。「国」と言う組織が動くことの恐ろしさを改めて感じる。近隣のアジア諸国ばかりではなく、太平洋諸島にも多くの損害をもた…

潜在成長力

国際通貨基金(IMF)が、世界の潜在成長率に関する分析をまとめた。 http://www.imf.org/ 先進10カ国の潜在成長率は、2013~14年の平均で年率1.4%程度。そして2015~20年だと、1.6%と改善するものの依然として低い。ユーロ圏と日本での需要の弱さが、さらに…

教科書と政府見解

今朝は騒がしいなって思ったら、教育に政治が持ち込まれると、こうなる。日本は、果たして健全なのか?とも思ってしまうが、戦争への過剰ともとれるアレルギーがることは、良いことなのかもしれない。私はそう思う。 来春から中学校で使用される教科書の検定…

イエメン空爆

国連安全保障理事会はイエメン領内での空爆を一時停止をめぐり緊急協議を開催した。この空爆の攻撃対象はイスラム教シーア派の武装組織。しかし空爆は、いくら高性能になったとはいえ、やはり巻き添えになるのは市民だ。空爆を行っているのは、隣国のサウジ…

子どもの貧困と食

厚生労働省が9月に行う調査。子どもの食事・栄養状態と保護者の収入などとの関連性を調査するという。 世界的に見れば「豊かな」日本であるが、貧困はある。きっとこの調査で、同世代間での格差が問題になると思うし、実態が明らかになる・・・と思う。しか…

地方の時代

統一地方選挙が公示されているが、本当に「地方の時代」なのだろうかと思ってしまう。41道府県議員選に3273人立候補。そのうち501人が、なんと無投票当選という。議員定数に占める割合は21.9%にも及ぶ。総定数も前回よりも46議席減らしても、それ以上に立候…

難民申請

UNHCHでまず思い出されるのが、緒方貞子さん。1990年から10年近く、国連難民高等弁務官を務めた人だ。しかしそれにばかり注目していられない記事がある。 日本における難民受け入れ状況だ。シリア内戦によって難民数は増加し、UNHCRの支援対象者は4290万人に…

Lemongina

よく「オランジーナ」を飲んでいた頃があった。炭酸飲料とは、いつのまにか日常から消えていたけれど、この飲み物は再び炭酸飲料の爽やかさを思い出させてくれた。あれからもう2年ほどが経つ。 新聞では、「レモンジーナ」の販売を一時休止とあった。年間出…

機能性表示食品制度

いったいなぜこんな制度を始めようとしたのか。私にはわからない。公官庁が新たな許認可権を得たがためなのか、それとも企業側の求めによるものなのか。どちらにしても消費者のためではないことは事実であろう。 現在でも、トクホ(特定保健用食品)という制…

対岸の火事

もう3月も今日で終わる。明日からは新年度。2015(平成27)年度の始まりである。桜も各地で咲き、私の近所も満開だ。 そんなおり、国会で暫定予算が成立した。現在開かれている通常国会。この国会の当面の課題は、毎年のことながら予算の成立である。それが…

任意の強制

2015年10月だから、もうすぐなのだ。過去の記事でも取り扱ったけれど、これからますます、マイナンバー制度は注目されていく事だと思う。それにしたって、急にどうしたというのだろうか。もう2年も前に成立した法律なのに、あまり理解が浸透しているとは言え…

児童養護施設

厚生労働省によると、児童養護施設で2013年度に確認された虐待が87件あったということだ。前年と比べると件数は増えた。被害に遭った子どもは155人で、これは18人減ったと言う。 全国の児童相談所での児童虐待に関する相談対応件数は、平成24年度(2012年)…

限界

サウジが動いた。隣国イエメンに軍事介入したのだ。サウジが主導しているけれども、単独ではない。UAEやバーレーン、クエート、カタールやヨルダンなどが空爆に参加した。そしてエジプトやスーダン、ヨルダンやモロッコまでも作戦を支持している。 攻撃を受…

免震ゴム

地震対策のひとつとして注目される免震工法。その中核ともいうべきものが、免震ゴムである。マンションなどの高層建築の基礎部分に設置して、地震による揺れを抑える働きが期待されている。 その免震ゴムを生産している東洋ゴム工業が安全性を確かめるデータ…

アジアインフラ投資銀行

中国が主導する国際金融機関。すでに世界金融機関として、世界銀行やアジア開発銀行(ADB)があるが、第3の柱として設立される見通しだ。 さて、これに難色を示しているのが、アメリカと日本だ。理由は、このアジアインフラ投資銀行(AIIB)の意思決定が、不…

生鮮野菜の輸出

日本の店頭でも外国産の野菜を見かけるのが当たり前になっている。玉ねぎやカボチャとか・・・。これをケシカランと、食料自給率とかフードマイレージ、食の安全性とかが言われ始めた。一つ一つを見れば、確かに納得させられてしまう。さすがは業界団体と官…

開花宣言が出始めた。日本だけはなくアメリカ・ワシントンでも、全米桜祭りが開幕して、春の訪れを告げる。この桜祭り。1912年に東京から苗木が寄贈されたことにちなんでいる。なんともイイ行事だと思う。 文化や伝統、考え方とか、いろいろ違いはあるけれど…

首脳会談

日本と韓国、中国のあいだの首脳会談が、ずいぶんと長い事行われていない。外相会談にしても、3年分だという。会わなくても仲が良い友人というのはいるけれど、この場合は違うよね。まるでこの3か国は戦争をしているかのようだ。 でも互いの経済的、あるいは…

自爆テロ

まだ続いてしまいそうだ。 アラビア半島の先っぽ。紅海の対岸は、東アフリカ。イエメンの首都サヌアが事件の舞台になった。狙われたのは、イスラム教礼拝施設(モスク)。例によって、ISが犯行声明を出している。 自らの命と引き換えに攻撃をする。人々が多…

弾劾裁判所

弾劾裁判所の「劾」に気をつけて覚えたことがあった。 裁判官が罷免されるのは心身の故障か、公の弾劾、あるいは国民審査によらなければならない。その公の弾劾にあたるのが、この弾劾裁判所。 私はなんと雑な勉強をしてきたのだろうか。新聞を読むようにな…

蚊帳の外

2015年春の労使交渉についての記事がデカデカと出ていた。主要企業が労働組合側に一斉回答し、多くの企業が昨年の水準を上回る賃上げを実施するということだ。 私は経営者ではなく1人の従業員であるから、賃上げは嬉しいのだけれども・・・。給料が上がるか…

自給率と自給力

食料問題を考える時のデータとして良く用いられるのが、食料自給率。カロリーベースだと、平成25年で約39%だという。(生産額ベースだと約65%) 今回、農林水産省が示したのは、この自給率ではなくて「自給力」。国内の農地をフル稼働したら、どの程度の食…

マイナンバー制度

政府広告で上戸彩がPRしていたマイナンバー制度。住民票を基に、マイナンバーが付与されるという。メリットは3つだという。 1国民の利便性の向上 面倒な行政手続きが簡単に 2行政の効率化 行政手続きを正確に 3公平・公正な社会の実現 給付金などの不正…

金利が下がる

ロシアもブラジルやトルコ、インドネシアも金利を下げる。日本は量的緩和実施中であるし、ユーロ圏も量的緩和を開始する。どこもかしこも金利を下げる。 金利が下がることは、どういうことのなのか。 まず貯蓄を考えた場合、将来に資金をまわす魅力が薄れる…

エボラ対策

大きく報道されたエボラ出血熱。すでにナイジェリアやマリでは終息した国もあるが、未だに1週間当たり100人程度の新規感染者が出ていると言う。死者は1万人に達するかもしれない。まだ完全な封じ込めには至っておらず、また時間がかかりそうだという。 西ア…

はずれ馬券

競馬の払い戻し金が30億1000万円。そのあたり馬券購入費は1.3億円。だから差引28.8億円が所得となり、そこに税金がかかる。そしてその税金を納めていなかったとして、国税庁と検察は、約5億7000万の脱税で起訴していた。一方、告訴された男性は、払戻金のう…

生活保護不正受給

厚生労働省が2013年度の生活保護費の不正受給が4万3230件と、過去最悪の件数を更新したと発表した。前年度比で1321件という。一方で、不正受給となった金額は前年度比で3億6千万円減の、186億9033万円という。1件あたりは、約43万2千円というところだろうか…

国会議員

財政赤字の話題なかで、たまに出てくる議員数問題。 先日、国会中継で見た本議会席。ずいぶんと空席がある。それもそのはずで、座席数は460ほどがあるが、現在(2015年)の議員数は、参議院で247人なのだから。 一時は512人まで増えた衆議院数も、現在は480…

遺跡破壊

イラクの観光・遺跡省は、2000年前のハトラ遺跡が破壊されていると発表された。ここはユネスコによって世界遺産にも登録されている。ハトラは、パルティア王国の交易都市とした栄えたことで有名である。 歴史が好きな事もあって、こういう記事には注目してし…

コンビニ業界再編

私の近所には、コンビニが何件あるのだろうか。 「近所」を約200m以内として、5軒ある。 ファミリーマート:3軒 セブンイレブン:2軒 ローソンも1軒あったけれど、先日閉店してしまった。 今回報道されていたのは、ファミリーマートとサークルKサンクスの統…

中国国防費

中国で年に一度の「国会」が開かれている。そこでは、さまざまな政策が発表される。それが計画となって、中国が動き出す。 この中で国防予算が8890億元(約17兆円)となる。参考として、アメリカは約63兆円で、日本は約4兆9800億円。 国防費の増加は、自国経…

混迷

いったい世界は進歩しているのだろうか。 報道では政治的な動きが背後にあると報じているが、もちろん犯人が特定され、捕まらなくては分からないことだ。 ロシアの反プーチン政権派の指導者が銃撃されて死亡した。一緒にいた人は無事だと言うのだから、同氏…

ペッパー

ソフトバンクのCMや、あるいはテレビ番組のなかでも度々登場する、ヒト型ロボットの「ペッパー」がついに発売された。 と言っても、一般向けではなくて開発者向けの、それも300台限定。驚いたのは、その完売までの時間が、なんと1分。そんなに人気なのだろ…

責任追及

路線バスの運転手が、飲酒検査でアルコール反応が出た。多くの人命を預かる運転手。もちろんその責任は重い。当然、検査でアルコール反応がでれば乗車勤務はできない。1週間後の検査。再び検知された。今度は事情聴取を受けたという。 想像をしてみた。私が…

人手不足

この言葉を記事で目にすることがやはり多くなってきた気がする。 帝国データバンクが発表した調査では、企業1万社のうち、正社員が不足していると答えた割合は、37.8%。昨年比では、1ポイント上昇だという。特に「情報サービス」の59.3%だという。一方で、…

春一番と開花予想

昨日の22日。北陸、中国や四国、九州北部で「春一番」を観測したとのことでした。そして記事では、桜の開花予想も載せている。 私の住んでいるところは、まだ「春一番」は吹いていないけれど、毎日のように見る梅の花で、ささやかな春を感じている。春は、や…

西海岸港湾

アメリカの西海岸の港湾労働者が待遇改善を要求していることで始まった労使対立。労働者側は荷役作業を大幅に遅らせている。記事では写真付きで紹介しているが、「遅らせている」というよりも、「やっていない」という印象の方が強いのではないだろうか。 今…

アカサンゴ

外国人旅行者を本当に多く見かけれるようなった。新聞で言っていたことを実感するのは、なぜだろうか、なんだか嬉しい。 現在、中国は旧正月の「春節」だという。大型連休中だそうである。日本の正月と言うよりも、GWに近い感覚なのかもしれない。そうした方…

関心の低い感染症

すごいネーミングだって思った。昨年、日本でも騒動となったデング熱などの熱帯病は、エイズやマラリアほど有名ではないので、「顧みられない熱帯病(NTDs)」というらしい。他には狂犬病や睡眠病など17の疾病があるようだ。 関心が低くても、感染症にかかれ…

選挙権

数年前からよく耳にするようになった「18歳選挙権」。戦後の改正で、「満20歳以上の男女」に変わって以来。民主主義国家であるのだから、その国家を構成する国民の多くが、選挙に参加することは当然であろう。しかし国政を左右する選挙権を有する年齢制限は…

派遣中止

日本近代五種協会が、3月19日から開催されるワールドカップ第2戦への選手派遣を中止した。開催都市は、エジプトのカイロ。理由は、邦人人質事件の影響だとか。協会の公式HP(公益社団法人 日本近代五種協会)には、何も書かれていなかったので報道でしかわか…

ネットとリアル

少し前に電子書籍に興味をもった。でもページをめくるとき、一瞬だけれど、黒くなるのに驚いてしまって・・・一気に後退。大型の電気屋から、書店に足を向けた。 それにしても意外であった。日本通信販売協会が実施したアンケート結果。詳細は、同協会のHPで…

ねぷたとサンバ

ブラジル・サンパウロでサンバ・カーニバルが開幕した。浅草や神戸などでサンバ行列を見たことがあるけれど、本場のカーニバルはテレビでしか見たことがない。その本場に青森県五所川原市の「立佞武多(たちねぷた)」の山車が登場した。日本とブラジルが外…

疑問をもつこと

この記事の見出しを見た時に、「そうそう」って思った。 立教大学法学部の学生が、「閉店セール」がいつまでも続いているのはおかしいとして、東京都内の小売店を調査し、その調査結果をもとに、消費者庁に対応を求めたという。 調査結果は、「やっぱりか~…

豪華客船初入港

バルモラル。それはイギリス・スコットランドにある英国王室の城。その名前を付けた豪華客船の記事が出ていた。これまでも横浜や神戸にも寄港していたが、東京には初入港だという。客船は、晴海ふ頭に1晩停泊する。それを迎える東京都は、銀座へのシャトル…

ナウシカの世界

北海道大学や理化学研究所の記事。合成生物学の研究を、樹脂や医薬品の生産に活かしていくと言う。 合成生物学とは、人工的につくったDNAによって生物を創る学問。記事では、私のように理系に疎い読者を想定して、遺伝子工学を「雪道を走る車」に例えて説明…

旅券返納命令

シリアへの渡航を計画していた男性に、旅券法に基づいて旅券(パスポート)を返納させた。記事によれば、返納にいたるまでに外務省と警察は自粛を要請していたという。 その旅行法の19条の4には、「旅券の名義人の生命、身体又は財産の保護のために渡航を中…

高齢者虐待

昨日は居住地の移動記事に注目したけれど、今日は年齢の移動。これは時間の経過とともに、まるでエスカレーターのように移動していく。そして逆戻りはできない。私も、事故や事件、大きな病気にかからなければ、このまま高齢者になる予定。 その高齢者にたい…