読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞日記

新聞から世界を考えてみる

新聞折り読み

最近では、通勤時間帯の電車の中で新聞を読む人をあまり見かけなくなった気がします。それにかわって、スマホiPadなどを活用されている方が多くなりましたね。

図書館に行っても各紙の比較ができるのですが、試読期間でしかできないことをしてみました。

それは新聞を折って読むことです。こんなふうに・・・

f:id:commyclass:20141006095759j:plain

これは、1面の反対側。

f:id:commyclass:20141006095055j:plain

2面からもそうなのですが、この2つ折りでも十分に記事が読めるのです。これだと、あまりスペースをとらずに通勤電車ないで新聞を読む事が出来ます。さすがに超過密の満員電車では無理でしょうが・・・。

もちろんレイアウトの関係で、折り目をまたぐ記事もあります。しかし新聞社にとって重要な記事は、あまり折り目をまたぐことがない気がします。

「社説」は、各紙共に縦長レイアウトですよね。特に日経新聞は一番細長いレイアウトで、縦の二つ折りどころか四つ折りでも大丈夫なようになっています。

読売新聞「編集手帳」、東京新聞「筆洗」と日経新聞「春秋」は四角いレイアウトで、2つ折りで読めます。朝日新聞天声人語」と毎日新聞「余禄」は横長ですが、こちらは満員電車で通勤しない読者層を意識しているのかもしれませんね。

それにしても、電車内での過ごし方・・・。みなさんはどうされていますか?