新聞日記

新聞から世界を考えてみる

休刊日

今日は休刊日。床屋さんのように、一斉に休みです。でも毎週じゃないからなぁ~。他人事ながら、新聞社の休みってどうしているんだろう?って思ってしまいます。

新聞は休みでも、世界はおかまいなしに動いているわけですからね。

出勤はローテーション制なのでしょうね。それだって「情報」は連続性があるから、きっと休みって言っても、ちょっと家にいる時間が長いだけ~なのかもしれません。

その日、まるまる情報から遮断してみる。記者さんにとって、それは贅沢なのだろうか?それとも苦痛なのだろうか。

どちらにしても、次の出社日に「自分だけ知らない」という状況が恐ろしく感じるのでしょうか。あるいは素人目線を思い出すことで、より新鮮な記事を書けるようになるのでしょうか。

勝手に、他人の職業を想像してみました。