読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞日記

新聞から世界を考えてみる

政治とカネ

経済産業相小渕優子氏が、政治資金の使途で追及されている。なんだか、あの号泣した地方議員がすぐに思い浮かんでしまった。

東京新聞は1面で “「政治とカネ」また” と題した記事。。本当に「また」と言う感じです。しかし「政治とカネ」と言っても、なかなか複雑な問題なのではないでしょうか。

今回は「文書通信交通滞在費」(使途公開の義務はありません)など、国費から支給されるカネではなく、「政治資金」の使い方が問題になっています。

一部、政党助成金と無関係ではありませんが、国費との関係としては薄いカネ。そして「政治資金」は、政治資金規正法によって、収支報告書を提出することになっています。今回の追及も、この報告書が資料になっています。

つまり「カネ」と言っても、それが国費なのかどうか。そして支出面(使途)か、収入面なのか。さらにそれが適正であるのか?などと整理してほしい。

「政治とカネ」と一括りにして、追及された議員が辞任したらオワリとかしているから、いつまで経ってもこの問題は繰り返すのではないでしょうか?「他人のふり見て・・・」ではありませんが、これまでにも同様のことはあったわけですから・・・。

先ほどの地方議員のハナシであれば、「文書・交通費」の制度を厳格化?(通常化)するだけではなく、県費・国費からの支給なのだから、まずは原則公開にするところからしてもらいたいです。なんで公費支出なのに、報告と公開していないのか。その方が不思議です。カネで追及している「野党」の方々も、その多くが公開には消極的・・・。これでは数年後、またダレかがやらかすのではないでしょうか?個人的に、「過去」は「過去」として、来年度からでもいいから実施して欲しいと思います。

ハナシが逸れました。

今回は、政治資金の使途が適正であったかですね。これって、どう判断していくのですか。議員本人からの説明責任はもちろんですが、それ以上に、どうすればこのような問題が起こらないようになるのかが気になります。

「ヘンなことしてたら、追及されて辞職ですよ」的な曖昧なルールではなくて、ヘンなことにならないSystem。やっぱり難しいのかな?今回、追及側になっている「野党」の方々は、大丈夫なのでしょうね。