新聞日記

新聞から世界を考えてみる

拉致問題 再調査の状況報告

北朝鮮による日本人拉致被害者らの再調査。

新聞を読んでいると、「国の責任で・・・」という論調が良くある。なかには実際のところ、地方自治体でも対処可能な問題も多い。ただ統一性の問題や、現状の地方の処理能力(失礼!)の関係で、すぐに国に解決を委ねてしまう傾向があるように思われる。

地方分権と言っている傍から、地方自治体の不祥事が出てくるわけだけれども。地方自治を育ててこなかった、つまり関心を示してこなかったことを感じてしまう。

それはそうと、この拉致問題こそ「国の存在(役割)」を感じてしまう。そして互いの国家体制が異なり、またおかれている状況も全く違うことで、より状況が複雑化している。

自分の家に戻ってくる。

ただこれだけのコトなのに、どうして・・・と思わずにいられない。