新聞日記

新聞から世界を考えてみる

補助金

100万人います。全員から100円を集めると1億円です。この1億円が、特定の産業の補助金になっています。

この制度を維持するためには、100円を負担している100万人と補助を受け入れる人、両方の支持が必要になります。大抵の場合、補助を受け入れる人は“強烈に”支持することでしょう。産業の規模にもよっては、1億円の“ありがたみ”は違うのでしょうが、それでもないよりかは良いはずでしょう。それに比べて、100円を負担する100万人の人たちはどうでしょうか。その産業を支えるために「100円」の価値を認めているのであれば支持もしますが、たいていの場合は支持しないでしょう。

さてここで意見の対立が起こるわけです。数は別として、「支持する」か「支持しないか」と。それを多数決で決めることにします。その方が民主“的”であるとして。

「支持しない」人々は、当然に負担に見合う恩恵は受けられないと主張します。つまり、「100円は無駄です」と。しかし、いくら訴えても「100円の価値」を主張しているのです。

それに対して「支持する」人は、1億円の価値をもって訴えかけます。たとえ一人であっても、1億円に対する情熱をかけて訴えるわけです。

私にとって100円は大切ですが、残念ながら1億円と比べてしまうと・・・。この100円で1億円の価値を生みだせるのであれば・・・なんて感じで錯覚する。負担する100万人のなかに、僕のように勘違いする人が出てくるのです。

そして投票日。そもそも100円の使い道を決めるために、どれだけの人が、予定をあけて投票にいくでしょうか?最近の国政選挙投票率は50%前後ですが、たとえば100円の使い道選挙なんて言ったら、もっと下がりそうですね。

「あなたの100円が、1億円の産業振興(補助)につながっている」と訴える。これに同調すれば「支持する」に投票するわけです。「支持する」派は、選挙に行く確率が高いでしょう。しかし、逆に「100円にそれほどの価値はない」と思っている人は、当然「支持しない」のですが、そういう人は投票に行かないのです。「支持しない」派は、投票では計れないのです。

こうした選挙制度と民主的政治決定に関する研究をされている方はいると思うのですが、是非とも、報道のオモテにでて発表してくれないものかと思うのです。きっと、政治家のみなさんは嫌がると思うのですけれども。