読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞日記

新聞から世界を考えてみる

はやぶさ2

やっぱりこの記事に注目してしまった。

H2Aロケットの打ち上げが成功し、「はやぶさ2」も無事に出発できた模様。他にも九州工業大学などの「しんえん2」や、東京大学などの「PROCYON」、そして多摩美術大学などの「ARTSAT-2-DESPATCH」も、どうやら無事のよう。

10月末に、アメリカで民間のオービタル社が打ち上げたアンタレスが失敗した後だけに、今回の成功は嬉しい。

はやぶさ」を地球に帰還させることに成功した國中均さん、今回の「はさぶさ2」では、プロジェクトマネージャーとしての全体の統括をされる立場になっておりますが、彼の言葉がとても印象的でした。

「小舟で宇宙の大海原にでるようなもの・・・」

すごい費用と時間、そして開発に係る人々の集中力というか忍耐力。それを懸けても、宇宙からすれば塵みたいなもの。それでも向かって行く姿勢。スゴイ!って思っいました。

 

しんえん2

九州工業大学・大学院工学府 先端機能システム工学研究系 奥山 圭一 研究室

 


JAXA | 超小型深宇宙探査機「PROCYON(プロキオン)」の飛行状況について

 


DESPATCH |

 

アンタレス 打ち上げ失敗 - 新聞日記