読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞日記

新聞から世界を考えてみる

神戸ルミナリエ

今年で20回目。阪神淡路大震災の犠牲者を追悼する光の祭典「神戸ルミナリエ」。私自身は被災をしていないのだけれども、何度か、あの光のアーチをくぐったことがあります。

あの光、てっきりLEDなのかと思っていたら、すべて白熱球だったのですね。消費電力とか考えるとLEDにするべきなのでしょうが、白熱電球でいいのかもしれない。鎮魂の光。たとえば最近、お仏壇からロウソクとマッチが少なくなって、代わりに電灯が使われるようになったと聞きます。高齢化がすすんで、火事の原因にもなるというのも分かるのですが、鎮魂と希望を神仏に託す場面では、極力、アナログであって欲しいとも思う。まぁ、ローソクの火でルミナリエするのは、ムリでしょうけれど・・・。

 

神戸ルミナリエ