読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞日記

新聞から世界を考えてみる

インフルエンザ流行

クリスマスやお正月がこの季節のオモテなら、インフルエンザもまた季語になる。ついに流行の時期がきた。職場の方針で、私もインフルエンザのワクチン接種を受けてきた。

この予防接種。私は勘違いをしていました。つまりワクチン接種すれば、インフルエンザにならないって・・・。そしたら厚生労働省のHPのQ&Aにありました。


インフルエンザQ&A|厚生労働省

 

<HPからの抜粋引用です。:引用文中の強調は、引用者によります。>

Q.18: ワクチンの接種を受けたのにインフルエンザにかかったことがあるのですが、ワクチンは効果があるのですか?

インフルエンザにかかる時はインフルエンザウイルスが口や鼻から体の中に入ってくることから始まります。体の中に入ったウイルスは次に細胞に侵入して増殖します。この状態を「感染」といいますが、ワクチンはこれを完全に抑える働きはありません。
 ウイルスが増えると、数日の潜伏期間を経て、発熱やのどの痛み等のインフルエンザの症状が起こります。この状態を「発症」といいます。ワクチンには、この発症を抑える効果が一定程度認められています。

以上のように、インフルエンザワクチンは、接種すればインフルエンザに絶対にかからない、というものではありませんが、ある程度の発病を阻止する効果があり、またたとえかかっても症状が重くなることを阻止する効果があります。

ただし、この効果も100%ではないことに御留意ください。

<引用終わり>

 

と言うのです。結局、予防接種で「感染」を防ぐのではなく、「手洗い」と「うがい」ってことなのかな。感染して発症してしまえば、少なくとも2~3日は苦しい。まずは感染しないようにしなくちゃ。

それにしても「感染」して「発症」しても、ワクチンの効果で軽減されることで、普通に外出している人が多くなるんだろうな。ムリせずに休んでほしいと思いながら、自分だったら、会社に行っちゃうよな~。結局、自分勝手だ。

 

国立感染症研究所 流行レベルマップ