読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞日記

新聞から世界を考えてみる

大学入試改革

文部科学省が検討している大学入試改革では、将来的に「大学入試センター試験」に代わる共通テストが導入されると言う。どのようなテストになるかは分からないけれど、結局「共通」なんだ~って思ってしまいました。

一方、推薦入試。それも「自己推薦」なんてよくワカンナイ入試制度も浸透し、入試方法は多様化してきている。そう考えると、やっぱり「共通一次試験」の流れをくむ、現行の「センター試験」も変わらなくちゃいけないのでしょうね。

ところで、肝心なのは各大学。今回の中教審での答申では、各大学の募集要項にアドミッションポリシー(AP:入学者受入方針)を明確にするように求めると言う。さて、各大学はどう出るだろうか。

あまりに理想ばかりを追い求めて、募集基準を高めていては、対象学生数は減る。それでも「魅力ある」大学にとっては、学生の絶対数は多いのだから問題はないだろう。しかし「二流」以下は、困った事態になる。

プライドというか、ブランドを維持・向上するために、「背伸び」した基準を設けると、学生は振り向かない。と言って基準を低めたら、募集対象になる学生数は多くなるが・・・。うん、悩ましい。また目標通りの学生を集めることに成功できたとして、果たして各大学の教育力はあるのだろうか?

記事を読んでいると、つい政府の行動ばかりに目がいってしまう。そりゃまぁ、それでいいのだけれども、そこから一歩踏み込むと、そうした行動・判断をするに至った状況を想像してみる。想像だから、正しいとは限らないのだけれど、そうした想像をすることで、自分や社会を見つめ直すことは、結構楽しかったりする。

なんにしても、これで受験生は振り回されるんだろうな~。