新聞日記

新聞から世界を考えてみる

風速

昨日は、風の強い一日でした。そして今日も、外は風が強そうです。そしたら、「風速85メートル級」という記事に目がいってしまった。

温暖化がすすんで、海面水温が2度上昇することを想定して、それをスーパーコンピューターでシミュレートしたそうです。その結果、現在スーパー台風とされる風速67メートルを大幅に超える台風が、日本付近まで到達する可能性が高まるという。

風速85メートル級の台風といわれてもピンとこなかったけれど、一昨年の2013年にフィリピンを襲った台風?と思い出した。

f:id:commyclass:20150107084410p:plain

国土交通省

国土交通省のデータでは、最大瞬間風速は90m/sということだけれども、きっと今回シミュレートした台風は、この規模のものが日本まで来るぞ!ってことなんだろう。

記事では、名古屋大学地球水循環研究センターの教授が「将来の防災対策を改めて考えなければならない」と話しているが、実際に発生したら「想定外」っていうのだろうか。

 こんな記事を読んでしまったら、なんだか「風が強いな~」なんて言葉が、とても「のんき」に聞こえる。でも、そんな「のんき」なことを言える幸せも、感じてしまいました。以上、庶民です。