新聞日記

新聞から世界を考えてみる

統治能力

イエメンの統治能力。つまり政治的求心力の低下によって、諸外国が介入してくる。国境すらも、無意味になる。国外も国内もない。さまざまな勢力が動き出す。制御されていないのだから、秩序はあるようで「ない」。各自の「理性」と「善意」に委ねられている。恐怖のまえに、さらされている。

そんな国際記事に、「プーチン氏、制裁下で訪日も」という記事。これはプーチン大統領の発言ではないけれど、すごい決断だと思った。そして、オバマ大統領の一般教書演説。もちろん、イスラム国による殺害警告をうけて、日本の安倍首相の記事も多い。

国家なんて、それほど意識しないで生きて来れたことは、やはりノンキに幸せであったのかもしれない。政治の世界って、本当に難しい領域なのだと思う。一歩間違えれば、と思うとコワイ。