読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞日記

新聞から世界を考えてみる

高齢者虐待

昨日は居住地の移動記事に注目したけれど、今日は年齢の移動。これは時間の経過とともに、まるでエスカレーターのように移動していく。そして逆戻りはできない。私も、事故や事件、大きな病気にかからなければ、このまま高齢者になる予定。

その高齢者にたいする虐待が、2013年度で1万5900件であったということである。大半は家族らによるもので、死亡につながる虐待も、家族・親族によるものである。また被害者の多くは、認知症であったことがあきらかになった。

認知症は、脳細胞が死滅したりして、物忘れや徘徊などの症状が出るという。要望をうまく伝えられないという。介護する側の負担も大きい。

政府の「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」もあるけれど、まずは知ることからだと思う。