読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞日記

新聞から世界を考えてみる

辺野古

だれも望んでいない。

沖縄での問題を考える時、いつも思っていた。在日米軍基地については、特にそう。一番の最善策は何であるか。戦争のない世界、軍事基地がない社会。逆に、最悪事態はどういうことか。それは地元に主権が無い状態だと思う。ならば一歩ずつでも、最善に近づくように歩むしかないのではないか。

沖縄だけに負担が集中している。確かにそのとおりだ。国から補助金が交付され、財政的には全国で負担しているが、やはり軍事基地があることで受けている損失を埋めることはできない。

「沖縄に住んでいないから、分からないんだ」と言われれば、それまでである。住んだことはないけれど、何度かいったことがある。それだけで理解しているなんて思ったことはないが、私が想像するよりも現実は厳しい。

だが、思うのだ。「辺野古の基地はつくらせない」と知事は叫ぶ。その主張はいいけれど、では普天間はどうするのか。基地がなくとも、安全で平和な世界にするための方策を、沖縄は示さなければならないのではないだろうか。「県外移設」と言っているところに、矛盾を感じる。やっぱり基地は必要だと思っているのだ。

「なくせ、なくせ」では、議論がかみ合わない。だれも基地を望んでいないのだから。それとも、基地は何が何でも必要だと思っている人が沖縄にはいるということなのか。たとえ不必要であっても。

どうやら私が考えているよりも、沖縄は追いつめられている気がしてならない。