新聞日記

新聞から世界を考えてみる

アジアインフラ投資銀行

中国が主導する国際金融機関。すでに世界金融機関として、世界銀行やアジア開発銀行(ADB)があるが、第3の柱として設立される見通しだ。

さて、これに難色を示しているのが、アメリカと日本だ。理由は、このアジアインフラ投資銀行(AIIB)の意思決定が、不透明であることが挙げられている。銀行であるから、おもな業務は、融資である。その融資先や融資条件を決定する際の意思決定が不透明だと言う。参加国で構成される理事会では、どうやら個々の案件についての審査は行われない模様である。おそらくは、主導する中国政府の意向が強く働くことになる。

しかしアジア地域におけるインフラ整備にむけた資金は、まだまだ足りていない。やみくもに開発を進めれば良いわけではないが、少し慎重になりすぎてはいなかったであろうか。世界銀行やADBにも反省点があるはずだ。

中国の存在感が増すことに、それほど脅威を感じていない欧州や、あるいは感じすぎて参加しないと大変なことになる国々が相次いで参加を表明、あるいは検討を始めている。

日本が参加するかどうかは別として、アジアのリーダーとしての気概は持っていて欲しい。