読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞日記

新聞から世界を考えてみる

寺社への油被害

そもそも「油のような液体」って、なんなのか。

寺社にかぎらず、これが一般の家であろうとも、あるいは公共施設であろうとも迷惑な話であることには違いない。そもそも人間の仕業であるのか、そこになにか意図はあるのか。同一人物?それともなにかの団体的な行動?はたまた模倣犯?そして「油のような液体」による汚れ?シミは、落とす事ができるのか……など、なんだか良く分からないことばかり。

神仏に対して失礼ではあるけれども、神仏は果たしてお怒りになるだろうか。もっとひどい戦乱を乗り越えてきた神様や仏様。「あいかわらずだね……」と声が聞こえてきそう。