読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞日記

新聞から世界を考えてみる

高浜原発差し止め

まず思ったことは、この事案と自動車や飛行機を同列に述べておられる大学の名誉教授がいることに驚いた。もちろん、法律がご専門の方である。

「身体や生命の危険がある場合に、経済的、科学的な議論を否定するならば、事故を起こしかねない車は運転できず、墜落の可能性のある飛行機も飛ばせなくなる。」

私のような薄学の者にも分かりやすく例えていただいて、そして大変に分かりやすいのですが、逆に問題点が理解できてしまったのです。

自動車事故や飛行機事故では、原因が解明され、そしてその責任を問う制度が出来ている。さらに保険もあって、さまざまな安全保障体制が存在している。そして事故が起きないための、防止策も日々行われている。それでも事故は起きて、尊い人命が失われる。そして、さらに安全策が講じられる。

自動車事故であれば、事故を起こせば免許が取り消し(行政処分)になるし、逮捕され刑事罰をうけることもある。車体に問題があれば運行差し止めになり、事故車と同一車種がリコールになることだってある。道路に問題があるのであれば、通行止めだ。多くの犠牲者を出す飛行機事故であれば、なおさらである。

さて日本の原発は、いかがなものか。車や飛行機に比べて安全性と、事故を起こった時の保障体制は万全なのか。車と飛行機を引き合いに出すのであれば、当然、これらと同等か、それ以上の安全性の確保と保障体制が構築されていなくてはならないのではなかろうか。

事故を起こした原発廃炉が決まった。そして日本国中の原発が、運転を止めた。事故の原因究明は、どうなったのか?そして事故後の処理は?

かの大学の名誉教授は、原発再稼働の問題を車や飛行機と同列に論じた。では、同列に考えてみることにした。結論は、まだ事故が収束していないのだから、再稼働は認められないことにならないか?

記事には、稼働を期待している住民の声も載っていた。気がかりなのは、事故が起きたら「逃げる」という。おいおい。どこに逃げるんだい?