新聞日記

新聞から世界を考えてみる

決定的証拠

アメリカ連邦捜査局(FBI)が、刑事裁判で証拠として提出された被告人の毛髪鑑定結果のうち、95%以上に不備があった……。

同国の弁護士団体が調査した結果である。それをうけてFBIとアメリカ司法省もミスを認め、当事者に通知する方針だと言う。

まずはミスを認めたことに安心した。ミスが起きることは困りものだけれど、ミスを認めて対策に動き始めるのであれば、まだその社会は健全だと言える。

さて、その困ったのは鑑定結果が証拠として採用され、もしかしたら裁判結果に影響が……。というか、間違いなく影響したであろう。アメリカは陪審員裁判なのである。「犯行現場に、被告人の毛髪が落ちていた」などと言われたら、そりゃ影響しちゃうんじゃないのかな。

情報をどこまで信頼するのか。情報源の信頼性と言われるけれど、それだけでは足りないのであろう。真実を見抜けるチカラ。もはや超能力の世界だ。