新聞日記

新聞から世界を考えてみる

首相官邸へドローン突入

「テロ対策の弱点」などと大々的に報じているが、これを契機に規制強化しようとしているのだろうか。いい口実を手に入れた!といったところか。

今回のドローンが「テロ」であるのか、「悪質なイタヅラ」とするのかは政府やメディアのさじ加減であろう。それにしても、たとえ微量であってもセシウムが検出されたことは、やはりゾッとする。わざわざ放射線を示すマークまでつけているのであるから、それなりのメッセージ(意図)が込められているのであろう。

官邸(首相)にたいして、訴えたい気持ちもわからないではないけれど、こうした行動が逆に、反対する言論の規制強化につながらないかと思わずにはいられない。このドローンの容器に、明確に「原子力発電所停止せよ!」なんて書かれていたら、今後、停止できなくなってしまう。それは「テロに屈した」ことになるからだ。

何ともヘンテコな理屈で、この国は動いていることを忘れてはならない。