新聞日記

新聞から世界を考えてみる

動物園水族館ビジネス

先日のGW、甥や姪たちと動物園に行った。本当は、隣接した公園に行ったのだけれど、たまたまその日は入場無料ということで、折角だからと入場した次第。多くの動物もいたけれど、人も多かった。無料のパワーは凄まじい。

話は一転して水族館。水族館にも、動物がいる。最近では、「水族園」と表記している場所もあるが、陸と海(湖や河川)のどちらがメインか?ってことぐらいなのかもしれない。

そんな動物園・水族館の世界的な団体が、世界動物園水族館協会(WAZA)であることを、記事をみてはじめって知った。そして、それに加盟している日本動物園水族館協会(JAZA)のことも。

記事では、日本の水族館がイルカを入手する方法を「違反」として、JAZAの会員資格を停止したいう。いったいどんな違反をしたのだろうか。密漁?とか、あるいは闇取引?ちょっと想像してみたけれど……。答えは、「追い込み漁」。この方法が、倫理規範に違反しているという。日本側は反発しているのであるが、ではどのような方法ならいいのだろうか?というか、もしやイルカを捕獲すること自体がNGなのかもしれない。

イルカは水族館などではなく、海という、かれらの生活圏に行くべきだとする考え方が強くあるのかもしれない。そりゃそうだ。私だって、自然の海で泳いでいるイルカに逢ってみたい。でも、それでは動物・水族館は成り立たない。研究機関だけになってしまう。水族館や動物園といった動物ビジネス。分からないことだらけだと、気づかされた。