読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞日記

新聞から世界を考えてみる

ドローン規制

結局、規制へ動き出している。

以前、「イタヅラ」になるのか「テロ」になるかは「さじ加減」と、このブログで書いた。それから、ドローンを操縦していた男性が、警察に出頭。「デモ以上テロ未満の方法」として、ドローンを選択したことが報じられていた。さて、彼の目的は達成されたのであろうか。

デモとテロの間というのは、影響力ということであろう。この意味では、影響力を与えた。しかし与えたのは、安全面での危機意識であり、それがドローン規制につながっていくことになる。どのくらい本気で、どの程度覚悟かは知らないけれど、彼の反原発という訴えは、どこかにいってしまった感がある。

ドローンに積まれた放射性物質も、都内の公園から検出された医療用の放射性廃棄物の方が、よほどその危険性へのインパクトが強かった。しかしこれすらも、あまり報道されなくなっているのは、不思議でならないけれど。

ドローンを操縦したことはないけれど、ラジコンや凧揚げは、経験がある。とにかく楽しい。結構、夢中になる。夢中になるからこそ、周囲に気を使えなくなってしまうのかもしれない。やはり規制が必要なのだろうか。なんだかやっぱり、さみしい気がしてしまう。

 

commyclass.hatenablog.com