読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞日記

新聞から世界を考えてみる

核のゴミ

フィンランドで核廃棄物の処分場建設が始まる。処分予定量は9000トンで、100年後に満杯になる計算だそうだ。格納される核廃棄物が、生物にとって安全なレベルに下がるまで10万年のあいだ貯蔵する。

核の話が出ると、なんとも気が遠くなる話ばかりだ。それにしても10万年もかかる処分が、100年ほどでいっぱいになってしまう。いっそのこと、もっと核廃棄物を無害化することは技術はないのであろうか。

「科学的根拠」とか、「安全」ばかりが強調されるのだけれども、これだけ扱いづらいエネルギーに頼らざるを得ない社会、いや自分自身が情けなく感じてしまう。