読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新聞日記

新聞から世界を考えてみる

安易な便利さ

これからマイナンバー制度が始まると言うのに、年金情報の流出事件が起きた。

さてさて……。個人情報が漏れている訳だけれども、これを使って「なりすまし」事件に発展しないように心がけてほしい。再発防止などと政府は言っているが、こんなのは信用できるわけがない。最低限、流出した情報が悪質な犯罪に利用されないようにしてもらいたい。DMが送りつけられてくることぐらいならば、ガマンする。

そもそも年金制度の情報管理に関しては、旧社会保険庁時代に約5000万件の年金記録漏れが発生していた。このきっかけになったのは、「基礎年金番号」への統合であった。これはこれで、情報の一元管理化をしていなければ、それまでのずさんな実態が明るみに出なかった訳であるから一定の評価は出来るかもしれない。しかし政府職員の怠慢は、組織を変えただけでは済まなかったのかもしれない。ちなみに、この記録漏れが起きた時の首相は、安倍晋三さんである。

今回の流出された情報は125万件だという。世の中、便利になったものです。私が小学生のころのスパイ映画なんて、お目当ての情報をとるために、まず建物に侵入し、そして、書類を一枚一枚写真に収めていく・・・なんて感じであったのに。今ではメールを送りつけて、一気に125万件である。なんと便利なことか。

これから始まるマイナンバー制度。情報が洩れたら、今度は実害を伴わないわけにはいかない。住民基本台帳社会保障(年金)情報、さらには金融情報(口座番号)や電子カルテをも連携させていく構想。どこまで政府(国家)は、個人の情報を管理しようとしているのか。怪物(リバイアサン)が、知的でクールな顔をして巨大化していく不気味さを、感じてしまった。